オフィス清掃はここで決まり!オフィス清掃ベスト6

TOP > オフィス清掃について > 色々な清掃エリアがある

色々な清掃エリアがある

 オフィスは様々な役職の方たちや部署の方たちが仕事を行っていきます。そしてそれらの方たちが行っていく仕事には違いがあり、汚れ方や掃除の頻度も変わってくるでしょう。そこで、これからオフィスの清掃を行っていこうと考えているというのであれば、清掃場所によって色々な掃除の仕方があるということを知っておきましょう。

 まず仕事場がフローリングだというのであれば、ホウキを用いた掃除が簡単です。掃除機などの機器を利用してしまうと床を傷つけてしまう可能性もあります。そのため賃貸で借りている場所であれば、できる限りそれを避けなければいけません。
 放棄を用いた清掃だけでもかなりのホコリが取れますし、その上からモップなどで再度綺麗にすることで傷をつけることなくきれいにすることができるでしょう。また窓拭きを行うというのであれば、雑巾などではなく、専用の掃除グッズを用いるか、新聞などを会社でとっているというのなら、それを利用して掃除道具として利用していかれるといいでしょう。
 最後に乾拭きを行えばかなり綺麗な窓にできますので、隅々まで綺麗にしていきましょう。さらには職場といえばパソコンなどの精密機器などもありますので、清掃を行うという機会を利用してキーボードや本体に詰まっているホコリを取り除いていきましょう。
 簡単な方法としては風圧を送ってホコリを飛ばすというもので、専用のスプレーなども販売されていますので、購入しておかれるといいでしょう。やはり精密機器ですので水拭きなどは避けていくべきですし、無理に掃除して壊してしまう可能性もあります。ですので、風だけの簡単な清掃で済ませることも大切です。

 以上のように清掃場所によって色々な方法がありますが、大勢で掃除を行っていくのであれば、方法を統一させる必要があります。事前にオフィス掃除用で道具を揃えておき、そこから使ってもらうようにすると、簡単に方法を統一できますし、誤った方法を避けることにもつながります。
 今現在清掃員の方に掃除をお願いしているというオフィスもあるかと思われますが、それだけでは掃除が行き届いていない場所もありますし、機密なものもあるはずです。
 そのため自分たちで掃除を行う機会も必要になりますので、年末などの掃除を行う機会があれば、普段掃除を行わない場所などを中心に綺麗にしていかれるといいのではないでしょうか。普段から掃除をすることも大切ですので検討しておかれるといいかもしれません。